• ハングルアカデミーとは?
  • カリキュラム
  • 水戸本校
  • 料金表
  • レッスンスケジュール
  • よくある質問
  • カナタ韓国語学院

教材紹介

当校では、「カナタ韓国語学院」のオリジナルテキスト『カナタKOREAN』シリーズおよびワークブックを教材としています。
「カナタKOREAN」は現在、言語別に・日本語版・英語版・中国語版があります。各級別に1~30課からなり、対話・単語・文法・類型練習で構成されています。

「カナタKOREAN」の構成

  • 生活に必要な文章を中心に学習します(初級Ⅰ,Ⅱ、中級Ⅰ,Ⅱには翻訳付)
  • 単語:新しい単語を紹介します(初級Ⅰ,Ⅱ、中級Ⅰ,Ⅱには翻訳付)
  • 文法:新しい文法を紹介し、外国人がやさしく理解し実際にはなすときに間違えないよう説明がされています(初級Ⅰ,Ⅱ、中級Ⅰ,Ⅱには翻訳付)
  • 類型練習:新しい文法を使い、さまざまな文章を使った練習ができます。
  • 聞き取り練習、読み練習、教室活動:各課で学習した単語と語彙を活用し、繰り返し練習します。
  • 付録:聞き取り練習の問題と解答、読み練習の日本語訳、単語索引・文法索引が付いています。

「NewカナタKOREAN」Elementary 初級Ⅰ

基礎段階である1級用教材で、韓国語がまったくわからない方々を対象にしています。
韓国語の基礎母音・子音、パッチムの発音、そして文字の構成が紹介されています。
全30課で構成されており、各課4つの基本対話で成り立っています。

「NewカナタKOREAN」Elementary 初級Ⅱ

2級用の教材で、基本的な文章理解を基礎に、助詞と終止語尾、連結語尾を利用する方法が含まれています。
全30課で構成されており、各課4つの基本対話で成り立っています。この教材で学べば、招待と訪問・季節・交通・旅行などをテーマにして、自分の経験や計画を話せるようになります。

「NewカナタKOREAN」Intermediate 中級Ⅰ

3級用の教材で、受け身・使役・間接話法などが含まれています。
全30課で構成されており、各課4つの基本対話で成り立っています。この教材では、会話のカテゴリーを広げ、事務室・病院・郵便局などでの業務処理レベルの会話ができるようになります。
この段階が終了すれば、日常生活に必要な会話は殆どできるようになります。

「NewカナタKOREAN」Intermediate 中級Ⅱ

4級用の教材で、慣用句・擬声語・擬態語・ぞんざいな言葉など、韓国語的な語彙と表現を身につけ、韓国文化と慣習などについて学びます。全30課で構成されており、各課4つの基本対話で成り立っています。
日常生活から離れたテーマについても話せるようになり、自分の考えを主張することができるようになります。

「カナタKOREAN」Advanced 上級Ⅰ・Ⅱ

5・6級用の教材で、各々全28課で構成されています。日常生活における意思疎通に問題はないものの、より専門的に韓国語を学ぼうとする方々のための教材です。日常生活の中の身近なテーマを取り上げ、韓国の社会・文化・歴史などを分かりやすく説明した教材です会話と読解を通じて、多様な表現と難しい語彙を習得できるように作られています。
映画やドラマを難なく見ることができ、新聞や小説など、専門的な文章を読むのにとても役立ちます。
それぞれ28課で構成されています。
※「カナタKOREAN」Advanced 上級Ⅰ・Ⅱは、韓国語のみで構成されています。

このページの先頭へ